• ホーム
  • 薬のネット販売、問われる自己責任

薬のネット販売、問われる自己責任

2019年08月17日
話し合っているカップル

今の時代は、インターネットがあれば何でもできる時代です。
欲しいものがあれば家にいながらいつでも購入することができますし、近場で売っていないものでもすぐに手に入れることができます。
かなり便利なので、今では多くの人がつうはんサイトを利用しています。
販売されている物の中には、今まで病院や薬局でしか手に入らなかった医薬品などもあり、商品の幅が広がっていることが分かります。

この薬のネット販売は、日本国内に流通している薬だけでなく、海外でしかまだ利用されていない薬も含まれています。
そのため、薬によっては厚生濾王同省によって認可されていないものもあります。
認可されていないものの海外でかなりの効果が確認されている薬もあり、インターネットの重要性が高まっていることが分かります。
しかし、人と人が直接会って売買を行うわけではないので、必ずしも安全とは言い切れないのが現状です。
実際に悪徳業者がネット販売を行っていることもあり、問われる自己責任がかなり大きくなっています。
どの業者から購入するのが良いかを判断するのは難しいですが、口コミサイトなどを見るなどして自己責任をもって購入を決めることが大事になってきます。

関連記事
動脈硬化症の医薬品をネット販売で購入し、昏睡状態になる危険

インターネットの普及により、世界中の商品をネット販売で購入する事が可能になりました。違法性の高い医薬品を含めると、その中には動脈硬化症に効果があると謳った商品の販売もあります。動脈硬化症とは、血管内のコレステロールや脂肪により、血管が肥厚し硬化を起こし、そのまま放置すると心臓への負担も掛かり、命の危

2019年11月04日
劇薬指定品目に分類される薬

劇薬指定品目と聞けば危険であまり使われないイメージがあります。しかし実際にはかなり使われています。例えばノルバスク。高血圧のお薬であり使われている方も多いのではないでしょうか。これも劇薬です。基本的に劇薬に分類される薬は心臓系、血管系、糖尿病薬など身近なものであり決して他人事ではありません。劇薬とは

2019年10月03日
医薬品のスイッチ直後品目とは

薬事法が改正されて、第一類医薬品の種類のうち、要指導医薬品という区分が新たに設けられることになります。これは平成26年6月12日から実施されます。これは、販売する時に必ず薬剤師が対面で販売し、情報提供や指導などが必要とされる薬のことです。スイッチ直後品目と劇薬がこれに当たります。スイッチ直後品目とは

2019年09月01日
薬のネット販売、安全性の確保は

長年インターネットの販売業者と、国やインターネット業者以外の販売業者などで議論が続いていた、薬のネット販売が2014年の6月に施行された改正薬事法により、これまでインターネットでは販売される事が禁止されていた第1類医薬品と第2類医薬品の販売が原則として解禁となりました。この事によって多くの医薬品が、

2019年07月29日